北海道の通信制高校に通いたいなら

入学に関しては、試験はありますがそれほど難しくはありません

入学に関しては、試験はありますがそれほど難しくはありません。
学力はあまりなくても問題ないといえます。
それよりも、面接の時にしっかりと受け答えをすることができる事は合格するときに必要な力です。
もしわからない質問があった場合でも、素直にわからないと答えるかその場で考えて何らかの答えを出すことができれば、学ぶ意思があるかどうかを面接官は判断できるわけです。
つまり、敬語を使って面接の受け答えができていることや、必要最低限の学力があれば合格をすることは可能です。
しかし、問題は途中でやめてしまわないかといったことでしょう。
かつては、北海道の通信制の学校でも高校中退率が4割を超えていました。
ひどいときには、6割ぐらいの生徒が途中でやめてしまうといった問題があったわけです。
このように、途中でやめてしまう生徒を防ぐために面接の段階で見極めているわけですが、実はそれだけではなく学校に入ってからも途中で中退をする生徒を食い止める対策が必要なわけです。
そこで考え出されたのが、スクーリングと呼ばれる仕組みにあります。
北海道の学校でもスクーリングと呼ばれるものがあり、これは定期的に学校に通う仕組みのことを意味しています。
通信制の学校の場合、100%自宅学習が中心になるかと言えばそのような事はなく、定期的に学校に通い友達を作ること、そして学校の先生と会って話をすることなどのように全日制高校と同じ仕組みが採用されたわけです。
これにより、高校中退率が大幅に減少したと言えるでしょう。

クラーク3-0滝川西(試合終了)
北北海道大会決勝(旭川スタルヒン)
滝西 000 000 000=0 H5E1
クラ 030 000 00x=3 H9E2
クラーク記念国際 創部3年目で甲子園初出場!
通信制高校としても夏は初出場 pic.twitter.com/Z8AQW6yORc

— さとう (@tyaren_sato) July 21, 2016

働いている人などに役立つ仕組みの1つ入学に関しては、試験はありますがそれほど難しくはありません多くの学校ではスクーリングは自由に選択することができるとしています